FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'02.27 (Sun)

らしさの正体

らしさってなんだろうね。

パパは男でもう60も半ば過ぎだけれど、男らしくそして、年相応の年齢らしく・・・
そして、ままは女でパパより3ツ若いけれどやはりその年相応の年齢らしく・・・
子供はこどもらしく・・・
じゃあね、僕は犬だから犬らしく・・・

でもねえー 正直言って僕は犬だけれど、人間みたいに考えることはあるよ。
今日はパパだけでなくままも一緒にお散歩だったけれど、ままと一緒にお散歩をする時には
この頃僕は家を出てから右回りのコースを選ぶ。
決まってそうだから、パパもままも不思議がるけれど、僕はね、ちゃんと考えて決めているんだよ。
ままはきっとこのコースの方が好きなんじゃないかってね。
トントン~♪まま、いかがですか?な~んてね。



そういえば、最近は海外旅行者は男性よりも女性が増えているらしいね。
どうやら、男性が軟弱になった証拠だとか?
草食系男子が増えた話もよく聞くよね。
これもゆとりの教育の結果なのかなあ?
競争心がなくなって、男性も女性も平等で・・・
お互い意欲と言うものがなくなってきたせいか、結婚率だって少なくなっているし、せっかく
結婚しても今度は離婚率だって高いときてる。
見渡せば電車の中で新聞を読んでいるのは女性が多かったりする。
女性が男性化し、男性が女性化し、男女の中性化が進んでいるような・・・
ままは時々首を傾げて電車の中で観察だ。

その内男性が女性のようになって、女性が男性のようになる時代が来るのだろうか?
大昔卑弥呼が国を治めた時代もあるわけで・・・

世の中はどんどん変わって行く。
まあ、変わるにしても良い方向に変って欲しいものだよ。



ところで、最近お休みとなると朝から夕方までパパとままはテレビ三昧だ。
連続ドラマを観始めたものだから、もう大変!
観てる最中にグースカすぐままは寝てしまうからさー
まとめて録画を観るってわけさ。

驚いたね。
今日はまた岡本太郎という芸術家のお話の第一回目のドラマを観ていたけれど、その中で
岡本太郎のお母さんである岡本かのこは結婚しているにもかかわらず、若い文学青年と
恋をし、夫は夫でその文学青年との同居を許すのだ。
信じられない世界だ。
一夫多妻ではなく、一妻多夫ってわけさ。
まあ、了解のもとで暮らして幸せであればそれはそれで成り立つわけだけれど・・・
夫婦らしくということからは外れるね。

またドラマ「バーテンダー」の中でのせりふ・・・
酒にはいつだって二つの顔がある。
毒と薬だ。
その中から薬の顔だけを引き出すのがバーテンダーの仕事だ。
・・・

第4話の中でままが一番印象に残った言葉だそうだ。

ふむふむ。。。
癒しの一杯かあー

僕は犬だからアルコールは飲めないけどさー
そんな素敵な飲み物があるといいなあ~
ダメダメ 犬は犬らしくでしょう~(笑)

バーテンとバーテンダーは違うんだってね。
バーテンはふうてんから来た言葉で、ある意味で差別用語。
本物のお酒を出してくれる人こそ、真のバーテンダーだと。

野戦病院のようなそんなバー。
特別な一杯で生き返るそんなバー。
素敵だね。

見かけよりも大切なこと。
生きる糧か・・・



犬は犬らしくかあー
まあ、いいかあー
見ておれー
これからも僕はやしのみ家の癒しの犬として頑張るぞー!
ところで、明日は僕はきっと左回りの散歩コースを選ぶに違いない・・・

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

23:59  |  世の中のおはなし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

かわいすぎる~ハッピーの写真にうっとり
本文と関係無しでごめん
おねーちゃんでした
うみ | 2011年03月10日(木) 18:12 | URL | コメント編集

★うみお姉ちゃんへ

うみお姉ちゃん、ままが今ガバッとソファーからあわてて起き上ったよー!
またまた今日もお寝んねさ。
近頃はもう日課になってるよー
疲れているのかなあ・・・

(#^.^#) ニョホ 僕の写真、お気に入りに追加でしゅか?
★-(・ε・`ALL Thank You!´・з・)-☆
ハッピー | 2011年03月11日(金) 02:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://yashinomiyasube.blog.fc2.com/tb.php/206-45937124

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |